天香山命と久比岐のあれやこれや

素人が高志の昔を探ってみる ~神代から古墳時代まで~

自説の骨子

世の歴史系ブログの執筆者は往々にして自説を持っているものだろう。
当ブログも例にもれず一癖ある持論を掲げており、これに基づき考察を重ねていくのだが、ブログというものは続けていると過去記事がどんどん埋もれていく。そして伝わりにくいテキストの集合体になっていく。

そこで、自説を熱く述べた序盤の記事へのリンクを以下に列記した。タイトルだけでも当ブログの傾向が表れていると思う。

※この記事は2020年10月のブログ移転に際し、大幅に書き換えています。